永世中立国のスウェーデンとスイスはソ連軍の脅威から国を守るために核開発を続けました。その過程で両国は協力関係にあったのです。
by kawasaki62
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
by kawasaki62 | 2018-07-22 16:08 | 尖閣諸島 | Comments(0)
2014年 03月 17日

2013年に日本の排他的経済水域は大幅拡張しています。

  本ブログ名『スウェーデンは準核武装国です。スイスも準核武装国です。』に直接関係のある内容は、下記アドレスに書きました。

http://kawanya.exblog.jp/21494690/








2013.3.25.にUPしたブログです。





 これは、最新の日本の排他的経済水域EEZ)です。

 あれ? 紀伊半島の南方沖に広大な非EEZの海域があったはずでは? と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし、これで良いのです。

 

c0329181_22260633.jpg

 下図が、昨年までの日本のEEZでした。

 

 しかし、実は、日本政府は平成20年(2008年)に国連の「大陸棚の限界に関する委員会」に大陸棚の延長を申請していたのです。

 

 日本は島国なのに、「大陸棚」? と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

 

 しかし、大陸棚なのです。

 つまり、日本列島そのものが大陸であり、また、広大な太平洋に散在する我が国の島々も大陸棚を形成しているのです。

 大陸棚とは、何も、中国大陸やアメリカ大陸といった、いかにも大陸らしいものの周辺だけではないのです。

 

 要は、同じ地質が連続していれば、大陸棚なのです。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kaiyou/dai4/sankou1.pdf

 

 

c0329181_22265731.png

 下図が、日本が国連に申請していた延長の海域です。

 紫色の海域が、国連によって認められた海域であり、黄色い海域が、決定を先送りされた海域です。

 

  

 日本最南端であり、かつ、唯一の熱帯気候に属するのが、沖ノ鳥島です。

 その沖ノ鳥島の南方に広がる海域(黄色い海域)の決定が先送りにされたのには、地質が連続しているか否かという科学的な理由ではない理由があります。

 

 その理由とは、中国と韓国の反対でした。

 

 いわく、「沖ノ鳥島は島ではなく岩なので、EEZの基点にはならない」という屁理屈です。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2012pdf/20121203003.pdf 

(P.10~)。

 

 しかし、沖ノ鳥島では、人こそ居住していませんが、経済活動が存在します。

  小笠原の漁民がこの辺りにまで漁をしに来ているのです。

 さらに、カツオやマグロといった回遊魚の漁場にするために東京都は漁礁を設置し、また、シマアジを放流しています。

 珊瑚を増やすための研究も、沖ノ鳥島の珊瑚を使って行われています。

 

 以上により、沖ノ鳥島は、管轄自治体である東京都や東京都民(漁民)によって経済活動が行われている立派な島なのです。

http://www.youtube.com/watch?v=kRCcFWO2xVg

 

 




 2013年に新たに認められた日本の大陸棚

c0329181_22274914.jpg



 

 以上です。



ブログランキング ← クリックしてしていただくと、励みになります

ツイッター 
https://twitter.com/kawanya62
















 


[PR]
by kawasaki62 | 2014-03-17 22:30 | 排他的経済水域(EEZ) | Comments(0)
2014年 02月 16日

日本の島である肥前鳥島(鳥島)は九州西方の東シナ海に位置しています。

   本ブログ名『スウェーデンは準核武装国です。スイスも準核武装国です。』に直接関係のある内容は、下記アドレスに書きました。

http://kawanya.exblog.jp/21494690/


2011.11.8.にUPしたブログです。


鳥島=肥前鳥島 (国土地理院)

c0329181_20355187.jpg
 

引用始まり

産経  2011.11.06.

中国船長を漁業法違反容疑で逮捕 長崎海上保安部 停船命令に4時間半逃げる

 6日午前10時半ごろ、長崎県・五島列島の鳥島の北北西約4キロの領海内を2隻の中国漁船が航行しているのを、長崎海上保安部の巡視船「ほうおう」が発見した。同巡視船が中国語で停船を命じたところ、2隻は指示を無視して、その場から逃走を始めた。

 巡視船は、このうちの1隻を追跡。漁船は約4時間半にわたって逃走したが、巡視船が鳥島の西約60キロの排他的経済水域EEZで体当たりして停船させた。


引用終わり

 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111106/crm11110621340011-n1.htm

 

 

 「鳥島」とありますが、どこにあるのでしょうか。

 普通の地図では五島列島と男女群島は載っていますが、鳥島=肥前鳥島はあまり載っていません。


 肥前鳥島は、男女群島の北西に位置し、3つの島から成り立っています。
 

c0329181_20365405.png

  しかし、中国は自国の大陸棚の延長が九州のすぐ西の海域まで及ぶとして、鳥島周辺の日本の排他的経済水域EEZ)を認めていません。

  

  そして韓国も、日本との間に1970年代に日韓大陸棚協定を強引に締結した結果、九州西方の広大な日本のEEZは日韓共同開発の対象となっているのです。  


 1970年代の軍事政権の韓国は、日本の内閣は腑抜けだと見抜いた上で、日韓中間線の日本側にある九州西方の採掘権を無法にも
韓国単独でオイルメジャーに売ろうとしたのです。 


 それを見て驚き焦った田中内閣・福田内閣が大幅に譲歩して、共同開発に合意したのです。

  それが日韓大陸棚協定です。1978年(昭和53年)から50年間有効です。

  http://kawanya.exblog.jp/i30/

 

 早いもので33年を経過して、残り17年です。


 この協定は不平等条約そのものですから、日本は、締結時の韓国の無法を批判して、協定の延長を拒絶すべきです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%A4%A7%E9%99%B8%E6%A3%9A%E5%8D%94%E5%AE%9A 

c0329181_20373917.jpg

 以上です。  


ブログランキング
 ← クリックしてしていただくと、励みになります

ツイッター 
https://twitter.com/kawanya62













[PR]
by kawasaki62 | 2014-02-16 20:44 | 肥前鳥島 | Comments(0)
2014年 02月 10日

九州西方の日本の排他的経済水域には、日韓大陸棚協定が既に締結済みです。

 本ブログ名『スウェーデンは準核武装国です。スイスも準核武装国です。』に直接関係のある内容は、下記アドレスに書きました。http://kawanya.exblog.jp/21494690/

                                                                        
                                                                                  2010.9.1.にUPしたブログです。

1、東シナ海においては、今現在は日中中間線が問題になっています。

 では、日韓中間線はどうなっているのでしょうか。

 下図は、日本の200海里排他的経済水域EEZです。日中の間も日韓の間も、ともに平等な中間線で境界がなされています。

c0329181_23260415.jpg

 ところが、実は韓国も中国と同じく大陸棚自然延長論を採用していて、沖縄トラフ(海溝)までが韓国排他的経済水域EEZ)であると強烈に主張しているのです。 


 そして、1970年代の田中内閣~福田内閣の時代に、日本が韓国の主張に大幅に譲歩した形で、日韓中間線の日本側海域における共同開発協定が署名・批准・発行されてしまいました

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%A4%A7%E9%99%B8%E6%A3%9A%E5%8D%94%E5%AE%9A

c0329181_23290816.jpg

 (桃色のは、日本の企業が試掘を申請している日中中間線付近の地点です。白樺(春暁)・楠(断橋)等です。)

 しかし、向かい合う国同士の間の距離が400海里未満の水域において境界を画定するに当たっては、1982年以後、大陸棚自然延長論が認められる余地は国際法上無くなったのです


 にもかかわらず、こんな合意を行ったことにより、中国にも、「強引に既成事実を重ねれば日本は大きく譲歩する。」との対日認識を与えてしまったのです。

 なぜ、国を売るこんな合意が日韓の間でなされたのでしょうか。また、韓国は、どういう既成事実を強引に重ねたのでしょうか。

 当時は、朴大統領の時代です。彼は日本の陸軍士官学校を最優秀の成績で卒業しました。韓国に対する激烈な祖国愛に燃える軍人政治家です。

 しかも、朴大統領は、奇跡の経済発展により韓国を発展途上国から中進国に引き上げました。

(ちなみに、大日本帝国は朝鮮半島を発展途上国未満のレベルから発展途上国のレベルにまで引き上げました。) 

 
 対する日本の総理は、外国企業から賄賂を受け取るような田中角栄や、単に金勘定が得意なだけの大蔵官僚出身の福田赳夫でした。  

 全く勝負になりません。


 朴は、日本の内閣は腑抜けだと見抜いた上で、日韓中間線の日本側にある九州西方の採掘権を無法にも韓国単独でオイルメジャーに売ろうとしたのです。

 それを見て驚き焦った田中内閣・福田内閣が大幅に譲歩して、共同開発に合意したのです。

 それが日韓大陸棚協定です。1978年(昭和53年)から50年間有効です。

 早いもので32年を経過して、残り18年です。

 この協定は不平等条約そのものですから、日本は、締結時の韓国の無法を批判して、協定の延長を拒絶すべきです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%A4%A7%E9%99%B8%E6%A3%9A%E5%8D%94%E5%AE%9A 


2、このような日韓大陸棚協定の存在についてアンケートのサイトを作りましたので、良かったら投票して下さい。

http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=46707

 以上です。




ブログランキング ← クリックしてしていただくと、励みになります

ツイッター 
https://twitter.com/kawanya62















[PR]
by kawasaki62 | 2014-02-10 23:22 | 日韓大陸棚協定 | Comments(0)
2014年 02月 05日

日本のEEZ(排他的経済水域)が一気に拡大した。

本ブログ名『スウェーデンは準核武装国です。スイスも準核武装国です。』に直接関係のある内容は、下記アドレスに書きました。

http://kawanya.exblog.jp/21494690/






 下図は、面積の正確性を無視したメルカトル図法の世界地図である。
南極は別にして、比較的よく使われる世界地図だと思う。

 これを見ると、いかにも日本は小さいなあ、と感じる方も多いと思う。
 しかし、ちょっと待って。

 
 下図は、面積の正確性を主眼にしたエケルト図法の世界地図である。

 ロシア・北欧・グリーンランド・カナダなどの面積が大きく圧縮されて実体に近くなっている。
 これだけでも、かなり印象が変わる。

 さらに、日本列島は、雨が豊富でありかつ温帯に属しているので居住や農業に適した土地なのである。

 ほとんど1年中冬のようなシベリアには人はあまり住むことはできない。砂漠も同様である。

 
さらに、我が国(「この国」ではなく「我が国」)の
EEZ排他的経済水域)である。

c0329181_23270695.jpg
 下図のような以前のEEZに比べて、小笠原の東や沖ノ鳥島の北などに拡大したのである。
 国連で日本が拡大を申請 した結果認められたからである。

 また、周辺国との位置関係は下図である。これを見ると日本は決して小さい国ではないことが分かるだろう。

 東京都が製作した沖ノ鳥島の映像である。(クリックで映像が流れる。)

Part1

   

Part2
 


 
中国は、「沖ノ鳥島は島ではなく岩だから、EEZは認められない」と21世紀になってから主張し始めた。

 もしも岩であれば、沖ノ鳥島周辺のEEZが認められなくなる。

 しかし、沖ノ鳥島は周囲11kmで東京ドーム107個分もの広さがある。
 よって、とても岩などではない。

 また、沖ノ鳥島では、国や東京都等が様々な経済活動を行っているのである。
 つまり、立派な島である。


 以上



ブログランキング
←クリックしてしていただくと、励みになります。

ツイッター 
https://twitter.com/kawanya62






















[PR]
by kawasaki62 | 2014-02-05 23:44 | Comments(0)